女子大の近くには意外と脱毛サロンが少ない

あなたの近くに女子大はありませんか?
女子大といえば、女の園というイメージが強いですが、中に入ってみるとそんなことはほとんどありません。
どっちかというと、全員が女子のために一部女子が男性化してしまっています。

まぁ、そんなことは置いておいて。
ウチの近くにも女子大があるのですが(というか通っていたわけですが・・・)、意外に困ったことが。
田舎駅というのもあるのかもしれませんが、美容室がほぼない。脱毛サロンが無い。ついでに服とか買う場所もない。
よくOIOIぐらいあったらいいのになーと思うのですが、あってファミレスぐらい。
他にも周りには女子専用のマンションやアパートはごろごろしていますが、これらの女子に必要な施設はほとんど存在しないのです。
再度お断りしておきますが、ウチの女子大がある駅は田舎です。
都会なら普通にたくさんあるのかもしれません。

そんな田舎女子大卒の私はいつも1時間かけて都市部に行っては髪の毛を整え、服を買い、脱毛をするという買い出し生活が必須でした。
ウチの地域だと自分の大学くらいしか女子大が無いので他の大学と比較することが出来ません。
もういっそ、「大学内にそういう施設作ってよ!敷地だけは無駄に広いんだから!」と思ったりもしなくないです。

ミュゼ 200

会ってきました!!!

こんにちわ!
彼と会ってきました!そして、彼と恋人同士、つまりヨリを戻すことになりました!さっそくご報告。
もう本当に嬉しくて嬉しく!やっぱり自分磨きとか頑張ってよかったなって。
いきなり何でそうなったかといいますと、会ったときに、いろいろと彼も考えたそうで。
本当は、この前のレストランの時にヨリを戻すことを言おうとしたんですけど、何だかんだいって、自分の都合でまた別れたくせにこんな大して日数も
たってないのにヨリを戻そうなんていえなかったみたい。
だからもう少し、こういうトモダチというお互い気楽な状態で付き合っていたかったみたいです。
でも、この前わたしがキレたことで、もう今回すぐヨリを戻したいということを言わないと、もう叶わないかもしれないと思って、いきなり会って戻ろうと
伝えてきたのだそう。
やっぱり、でもこれには、わたしが自分磨きとか仕事とか習い事とか・・・。
いろいろ頑張るようになって、何だか見違えて見えて、別れたことに後悔したからというのもあったみたい。
こういう風に言われると、やっぱり今までの努力とか、支えになってくれたモノたちとかってとにかく全てムダじゃなかったってわけ!
しっかりとこういうわたしが努力をしなかったら、彼と戻ることができなかったってことだから、本当に恋人同士に戻るために頑張ってよかったなって
胸張って言うことができます。
もう今は打って変わってすごい幸せです!!もっともっと、ラブラブになれるように頑張ります。

気分が乗らない・・・。

何だかんだ気持ちが乗らないけど仕事を2日もズルで風邪なんていって休みたくもないし、もう決着がついたら普通にこういう気持ちとさよならしようと
すっぱりと決めて、彼と会うことにしたので仕事も出てきました。
何だか、自分は何だかんだ、OKがもらえてヨリが戻せると思って勝手に決め付けてたみたいで、これが一人歩きしたせいで、パニック状態になったみたいですよね。
ちょっと恥ずかしいですね。
でもそれくらい、わたしにとっては彼が大切だということで、彼がいないと思った以上にわたしは生活することが出来ないみたいです。
仕事もできなくなってしまったり、何だかヒステリックになってしまったり・・・。本当に迷惑というか残念な女になるみたい。
何だか会うことも不安だし、この前怒鳴りつけてしまって恥ずかしいし、もうできれば会いたくないな~とも思うのですが、
ここはしっかりと頑張らなければいけませんよね。
もちろん恥ずかしいので、トモダチにはまだ話してませんが。
きっと人生で、ここぞ!というときが今なんだと思います。
仕事が終わったらとりあえず頑張ってきますね。
これ以上惨めな自分ではいたくないですし。しっかりと前向いて歩きたいですし。

メールラッシュ。

何だかんだ玉砕してしまったという言葉がすごい合う今のわたしの状態。
でも不思議なことに彼からはひっきりなしに普通の内容でメールがガンガンくるんです。
電話もかかってきます。
でもわたしはもう以前のわたしとは違い、それに出たいとも思わないし、出てあげようなんても挙句の果てに思わなくなりました。
トモダチには、結果をまだ報告できていません。
何だかんだ、自分の存在が嫌になってしまい、会社も風邪で休むなんて大嘘ついてしまいました。
最初に振られたときはヨリを戻すために頑張ろうというプラス思考が働いたのに今回はもうそういう方向にすら進んでいない。
もうとにかくがっかりして仕方なかったんですね。
でも、このままでは駄目だし、廃人になって会社にも行けなくなってしまう。それが怖くなった自分は、ついに彼からの電話に出ることにしました。
そして何で無視するの?ということをいきなり言われ、もう頭にきて全て、都合のいい女扱いするなとか、ふざけんなとかひどいことを吐き出してしまいました。
彼はこれも驚いてたと思います。
そこでもう一度、会って話し合いをすることになりました。
正直もういいよなんて思ったんですけど、ここでケリをつけないとわたしは本当に駄目になると思って、明日会う約束をしましたよ。

彼との帰り。

彼と、合流してレストランで食事を楽しんできました。
もちろん作ったお菓子の箱をわたして、とても彼は喜んでくれて。
家帰ったら食べるよといってくれました。
でもなんででしょうか。
何だかんだいって、彼はヨリを戻すことにOKを出してくれませんでした。
いつもどおりただただ普通にご飯食べて帰っただけ。送るということもしてくれませんでした。
前みたいにただただ本当に、女トモダチ状態以下の男トモダチ状態の存在のまま。
何だかこの状態で帰宅して、彼からメールがきて「今日は楽しかったよ次いつにする?」なんていわれても、ちっとも嬉しくなんてありませんでした。
今日ヨリを戻すことができなかったら諦めようやめようと思ってたくせに、実は自分は結構彼がヨリを今日戻そうといってくれるということ期待していたみたいです。
もう、本当に彼が嫌になりました。
思い切って、もうどうでもよくなって、今のこの気持ちをメールではなくて、電話でぶちまけました。
彼はいいました、ごめんって。ごめんって何だったんでしょうか。もう怖くて聞けませんでした。
もう、疲れましたよ。今日は寝ます。もう、彼のことは諦めます。でもどうしてこんなに決めてたのに落ち込んでるんでしょうか。